大分で更年期障害の診察ができる病院一覧

更年期障害に悩まされている女性は、大分県内だけでなく日本中に何万人といます。

症状に合わせてホルモン補充療法や漢方療法などの、効果があるとされている治療法も確立されているので、まずは診察を受ける事が大切。

しかし風邪や怪我と違って、いざ自分が行こうと思った際に、どこの病院へ行って何科を受診すればいいのかは意外と分かりにくかったりします。

更年期障害は保険適用でも診察と治療を受ける事ができるので、まずは診察を受け付けている病院を見つける事がスタートです。

大分で更年期障害の診察ができるオススメの病院一覧

大分県で更年期障害の診察が受けられる病院が見つからない、探し方が分からないといった女性のためにこちらではオススメの病院を紹介します。

病院によって得意とする分野や、自宅からのアクセスの良さが変わってくるので、自分の症状や環境に合った病院へ通う事が大切です。

更年期障害の治療の場合、1度だけ診察を受けてそれで完結する事は少ないので、自宅や職場からの通いやすさも考慮する必要があります。

一見して良いと思っても受け付け時間や休みの予定が合わないケースもあるので、情報をしっかり確認してから行くようにしましょう。

独立行政法人国立病院機構 大分医療センター

大分医療センターは内科、外科、婦人科など診療科が多く、感じている更年期障害の症状が複数あっても安心して診察を受けに行ける病院です。

規模の大きな病院なので院内や敷地内のバリアフリー設備が整っていて、視聴覚障害や車椅子の女性でも問題なく診察を受けられる環境になっています。

最寄駅はJR日豊本線大在駅で徒歩15分程度、車を利用して行く場合は専用の駐車場があるので、そちらを利用する事ができます。

基本的には8時30分~11時までの短い受付時間になっていますが、科目によっては午後も受付をしている事があるのでよく確認してから行きましょう。

住所 大分県大分市横田2丁目11-45
電話番号 097-593-1111
URL https://oita.hosp.go.jp/
受付時間 8時30分~11時
休診日 土日祝日

社会医療法人関愛会 よつばファミリークリニック

よつばファミリークリニックは内科と小児科を用意する、地域密着型のクリニックで更年期障害の診察も受けられます。

HPから日付と30分単位で時間を選んで外来の予約をする事ができるので、受付を済ませてから長々と待たされる心配がなくスムーズに受診できます。

外来診療はその日の担当をHPで確認する事ができますが、出張などで急遽変更となる事もあるので、気になる場合は要確認。

アクセスは電車のみで行くには厳しい立地にあるので、車でなければバスを利用する形になります。

最寄りのバス停は大分バス一里塚になり、そちらからであれば徒歩で行けます。

住所 大分市大字横尾1859番地(二目川大原)
電話番号 097-520-8686
URL http://www.yotsubafcl.com/
受付時間 9時~12時30分(月~土) 14時30分~18時(月火水金)
休診日 日曜日 祝日 年末年始

レディースクリニック 貞永産婦人科医院

貞永産婦人科医院は女性院長が女性の健康をサポートしてくれる、プラセンタ療法などの更年期障害の治療にも積極的なクリニックです。

更年期障害の診察を受けるうえで医師が女性というのは心強く、症状に対しての理解も深いためストレートに辛さを相談しやすい環境と言えます。

症状に合わせて適切な治療方針を打ち出してくれるので、抱えている症状の種類を問わず診察を受けに行く事ができます。

アクセス面もバツグンに良くJR西大分駅より徒歩で約2分、バスであれば生石または西大分バス停より徒歩5分程の好立地。

水曜日と木曜日の午後が受付外になっていますが、休みではなく予約制の時間帯なので、事前予約をしておけば水木の午後でも診察を受けられます。

住所 大分県大分市生石2-1-18
電話番号 097-532-6327
URL http://sadanaga-ladies.com/index.html
受付時間 9時~12時30分(月~土) 14時~17時30分(月火金)
休診日 日曜日 祝日

医療法人仁真会 真央クリニック

真央クリニックは内科、脳神経外科の他に心療内科を受診する事ができる病院で、東洋医学の漢方治療も行っている全方位型のクリニック。

専門ではないですが整形外科の科目もあるので、更年期障害の可能性があって、近所に住んでいるならまず診察を受けに行ってみるのにとても便利です。

木曜日のみですが夜20時まで診察をしているので、仕事帰りの遅い時間にしか病院へ行く暇がない女性にはありがたい存在。

しかし木曜日の夜は大変混雑しているため、待たされるのが苦手な場合は多少無理をしてでも、他の時間帯に行った方が間違いありません。

アクセスは最寄りのJR日豊本線高城駅から約530mと徒歩圏内なので、車移動でなくても通う事が可能です。

住所 大分県大分市小池原1167-1
電話番号 097-553-1818
URL http://www.shin-ou.jp/
受付時間 9時~12時30分(月~土) 14時~18時(月~水・金) 14時~20時(木)
休診日 日曜日 祝日 不定期で土曜日(月1回)

医療法人ストレスケア若草 深川内科クリニック

深川内科クリニックは内科以外に心療内科を設置していて、ストレスケアをする事ができるクリニックになっています。

更年期障害による不調からストレスを溜めてしまうと、鬱に近い状態になってしまうケースは決して珍しくありません。

一般によく用いられるプラセンタや漢方とは違ったアプローチで、ホルモンバランスを正すコースがあるのでリフレッシュ目的にはピッタリ。

アクセスは最寄りの大分駅から直線距離にして約360mと近く、無料の駐車場もあるので移動方法を問わず利用できます。

しかし、AGAなど男性用の診療科目もあるため、目線が気になる女性は事前に電話で状況を問い合わせてから行った方がいいでしょう。

住所 大分県大分市中央町2丁目1-17 ブンゴヤ本社ビル3F
電話番号 097-532-8980
URL https://www.fukagawa-clinic.com/
受付時間 9時~13時(月~日) 14時~18時(月火木金土)
休診日 祝日

大分の病院で更年期障害の診察を受ける際の注意点

更年期障害の診察を受ける病院を選ぶ際は、症状に合わせて考える他にいくつかの注意点を念頭に置いておくと、治療方針で失敗する事が減ります。

注意点には、誰がどこで治療を受けるにしても気にした方がいい点と、大分県という土地柄に合わせて考えた方がいい点の両方があります。

基本的には病院に行って逆に症状が悪化するというのは稀ですが、病院選びに失敗してまうと行く事自体がストレスになってしまうケースも。

ただでさえ、病院での治療を真剣に検討するほど心身に負担を感じている状態なので、病院選びで失敗して余計な負担を増やす事がないようにしましょう。

他の病気の可能性も疑う

大分県でもどこの都道府県でも、更年期障害の診察を受ける際は、他の病気の可能性もありえる事を頭の片隅に置いておくようにしましょう。

更年期障害だからプラセンタ注射を受ければ良くなると軽い気持ちで行って、実はもっと重大な疾病が原因と分かったりすると告知時のショックが大きくなります。

同時に様々な症状が表われる更年期障害は素人判断で片付けるには危険なので、他の病気の可能性も疑いながら診察を受けに行くのが無難です。

しかし、他の病気の可能性を恐れ病院へ行かないの最も最悪の選択になるので、あらゆる可能性を考慮して病院へ行くのが唯一の正解となります。

自分で症状の程度や種類によって行く病院を決めるのが間違いありませんが、不安があれば多くの診療科を用意している病院を選ぶと病気を見逃す確率は下がります。

感じているのが心の不調だけであったとしても、念のため内科や婦人科でも診察を受けるようにしておくと、ストレスなく更年期障害の治療に集中できます。

事前予約を活用する

更年期障害の症状はその日の体調に左右されやすいため、診察に行くつもりでいても調子の良い日が続くとついつい先延ばしになりがちです。

確かにそのまま症状が良くなれば病院へ行く必要はありませんし、通院にかかる時間や費用、手間を考えれば最初から病院へ行かずに済むのがベスト。

しかし、放置して症状が改善するケースは決して多いとは言えないので、調子の良い悪いにかかわらず症状があるなら診察を受けた方が今後のためになります。

そのため、一度診察を受けに病院へ行こうと思ったなら、事前に電話やHPの専用フォームなどから初診の申し込み予約をしておくと、病院へ行く覚悟が決まります。

予約さえしてしまえば後は予約した日時に合わせて病院まで行くだけで、30分、1時間とソファーで待たされる事もなくスムーズに診察を受けられます。

ただし、仕事や家庭の事情でどうしても予約の日時に行けなくなってしまった際は、そのまますっぽかすのではなく、必ずキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

県外の病院へ行くのはアリ?

大分県で更年期障害の診察や治療ができるとしている病院の数は、他の都道府県に比べるとあまり多くはありません。

実際にはHPや診療科目として正式に公表していないだけで、行けば診察をしてくれる病院もありますが、行ってみないと分からないのはつらいところ。

それに更年期障害は症状の種類が多く複雑なため、できるだけ更年期障害の診察ができるとハッキリしている病院で診察を受けたいと考えるが自然です。

それであれば福岡など大分県外の病院へ行って診察を受ければ良いと考えがちですが、更年期障害は県外の病院まで診察を受けに行くには微妙な点があります。

プラセンタ注射での治療のように、週に1~2回の通院が必要となった場合に、そう何度も県外まで通うというのは心身にかかる負担が大きくなってしまいます。

費用面でもかかる交通費が大きくなってしまうので、ちょうど県境の辺りに住んでいるのでもなければ、通いやすい近場にある病院を選んだ方が無難です。