更年期の生理不順|「長引く」「止まらない」「こない」その理由とは?

更年期の生理不順|「長引く」「止まらない」「こない」その理由とは?

更年期はホルモンバランスが大きく変わることから、生理不順に陥りがちです。

生理不順が原因で更年期に気付く人もいるほどで、更年期の代表的な症状の一つにもなっています。

整理の周期は人によって違うだけでなく、もともとサイクルが乱れやすい人もいるため原因を特定するのが難しいのがポイントです。


自覚がなく更年期になっている人も珍しくなく、症状に振りまわされる人もいるのです。

昔よりイライラしやすくなった、体力に不安を覚えるようになったなど不調が重なっている場合は更年期を疑ってみるのは一つの方法です。

複数の症状が重なっている場合は更年期の可能性が高まります。しっかりと対処することが症状の緩和に繋がることは珍しく無いのです。

更年期の症状は人それぞれだからこそ見極めが難しい

更年期の症状は人それぞれだからこそ見極めが難しい更年期の生理不順で覚えておきたいのは、更年期の症状は人によって大きく違うということです。症状が軽い人がいれば重い人もいて、症状が出る年齢も様々です。

生理不順は更年期の代表的な症状の一つですが、少しずつ生理の周期がずれていき自覚しないまま更年期を乗りこえてしまう人もいます。

精神的な理由や忙しさなどで生理不順になる人も珍しくないため、自覚するのが難しい人がいるのもポイントです。


ただし、生理の周期を知ることは自分の体調のコントロールにもプラスになります。

生理の周期がずれはじめていることに気付いた場合や、長期間生理がこないなどの影響がある場合は更年期を疑った方が良いこともあります。

自分の生活を快適にするためにも、気になったら婦人科を受診するという方法もあるのです。

生理不順は更年期の代表的な症状の一つ

更年期は女性の閉経前後の期間を指し、体の仕組みやホルモンバランスが大きく変わることから不調を抱える人が多いのが特徴です。

閉経をすると妊娠をしなくなることから生理の周期が大幅に変わることが一般的で、急激に周期が乱れる人や長期間生理がこないケースもあるのです。

病気が原因で生理不順になることもあるため、生理不順が長期間続くようであれば自分の健康状態を疑った方がよくなります。

40代から50代の場合は更年期を疑った方が良いケースもありますが、生理不順以外の症状が出るかどうかで対処の方法も異なってくるのがポイントです。

生理不順以外に悪影響がなければ問題がないケースも

重要になるのが生理不順以外に健康に問題があるかどうかです。更年期の症状は人それぞれで、ほとんど健康に影響がないケースもあります。

生理不順で病院にいった結果、更年期によるものだとわかっても特に治療が必要ないケースもあるのです。

ただし、更年期は生理時期にありがちな、精神の不安定さや疲れやすさなどの症状を伴うケースが多くなります。

体の火照りや睡眠不足などを招く場合もあるため、しっかりと対処をした方が健康的になることもありえます。

まず、生理不順の原因を確認した上で対処方法を探ることが生活にプラスになるのです。

生理不順以外の症状もでているなら更年期障害の可能性も

生理不順以外に体調や精神面に悪影響があり、病気と特定できない場合は更年期障害の可能性が高まります。

更年期障害はホルモンバランスの変化によっておきる症状の総称で、婦人科ではホルモン剤などを処方することで改善を目指します。

生活習慣の改善で更年期対策ができることもあるため、病院で薬を処方してもらった上で生活面での工夫をして乗り切る人も多いのです。

生活習慣の改善で生理不順や更年期への対策をする場合は

生活習慣の改善で生理不順や更年期への対策をする場合は更年期が疑われる状態で生理不順になっている場合は、婦人科にいくのが最もわかりやすい対策になります。


病気かどうかの切り分けができるだけでなく、薬の処方も受けることができるからです。

ただし、病院によって更年期対策の意識も変わるため、薬の内容が大きく変わる場合もあります。

体質的な合う合わないもあるため、薬がなかなか効かないケースなどもでてくるのです。はっきりと更年期といってくれないケースもあります。

薬が効かない場合や、原因の特定自体ができない場合は生活習慣の改善で症状を緩和していく方法もあります。

生理自体はいずれ止まってしまうものでも、精神的な負担や肉体的な変化を緩やかにできる場合もあるのです。

ストレスや疲れなどが生理周期に影響を及ぼすのは同じ

ストレスや疲れなどが生理周期影響を与えるのは、若い人間でもある程度年を重ねても変わらないポイントになります。

日ごろからストレスを受け続ける生活を続けていれば、閉経のタイミングが早まってしまうケースもあります。

自分の体を第一に仕事や家事の優先順位を変えることも必要で、場合によっては転職や職場近くへの引越しなどが視野に入る場合もあるのです。

年齢を重ねると体力なども落ち込みがちで、無理がきかなくなることが多くなります。負担を和らげることが更年期の対策に役立つことは珍しく無いのです。

食習慣を見直すのも重要になってくる

更年期対策で重要なのが食習慣の見直しです。特に若い頃の食習慣が抜けない場合は肥満や更年期障害に繋がりやすく、年齢にあわせて見直していくことが大切になります。

食べる量が多すぎる場合や太りやすくなったからと無理に食事を絞ると余計に影響が出やすくなります。

特に肉類や脂物は消化への負担が大きいため、魚や豆腐などの負担がかかりにくいものに切り替えていくのがおすすめです。

ある程度たんぱく質をとらないと不足しがちなホルモンの材料を補うこともできなくなります。

肉であれば脂身が少ない鶏肉をメインにするなど、工夫をすると生理の波がきづらくなります。

更年期対策としてサプリメントを使う人もいる

食事で更年期対策をする人もいますが、食事に気を使うこと自体がストレスという人もいます。

栄養を補うためにサプリメントを活用する人もふえていて、更年期サプリメントが人気の理由にもなっています。

仕事や家事を休めない人も多いからこそ、うまく活用している人が多いのです。

多くのメーカーからサプリメントが発売されているため、自分好みのサプリを探すのもおすすめです。

★おすすめサプリ★

高麗美人当サイトでおすすめしている更年期サプリは【高麗美人】です。

ネットでは、高麗美人を飲んで「周期が元に戻った」、「生理が軽くなった」という口コミもあります。

高麗人参に含まれているサポニンという成分は、更年期の様々な症状に有効だと言われています。

気になる方は、是非公式サイトをご覧になってみてください。

 

運動不足の場合は運動をセットにすると更に効果的

更年期障害や生理不順を運動などの習慣で改善しようとする人もいます。

これは年齢を重ねると代謝が弱まってしまい、ホルモンを作る能力なども弱まってしまいがちだからです。

適切な場所に栄養を届けるためにも運動をすることは大切で、全身の血の巡りを考えるとプラスになることがふえます。

ちょっとした距離を歩くだけでもプラスになるため、激しい運動をセットにしなくても改善が見込めるケースもあります。

更年期サプリ ランキング
更年期サプリって結局どれが良いの?

更年期サプリと一概にいっても成分・効果・料金・メリット・デメリットは様々です。

当サイトでは、数ある更年期サプリを徹底比較して、その中から厳選してランキングを掲載しています。

更年期サプリ比較

特に、口コミ評判の効果が高いサプリについては、細かく分析していますので是非ご覧になってみてください。

更年期サプリ人気ランキング

関連記事

更年期の辛い肩こりの原因は筋力低下と自律神経の乱れにあり!対処法はあるの?

更年期の辛い肩こりの原因は筋力低下と自律神経の乱れにあり!対処法はあるの?

更年期の「イライラ」の症状・対処法|八つ当たりで自己嫌悪してしまう女性へ

更年期の「イライラ」の症状・対処法|八つ当たりで自己嫌悪してしまう女性へ

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)の主な症状と対処の方法について

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)の主な症状と対処の方法について

更年期に差し掛かると太る?痩せにくい?コレステロールが増える原因と簡単にできる対処法

更年期に差し掛かると太る?痩せにくい?コレステロールが増える原因と簡単にできる対...