更年期の辛い肩こりの原因は筋力低下と自律神経の乱れにあり!対処法はあるの?

更年期の辛い肩こりの原因は筋力低下と自律神経の乱れにあり!対処法はあるの?

更年期と呼ばれる期間は、女性の場合で閉経を迎える前後5年間に生じるホルモンバランスの乱れが原因です。


中でも40代・50代の女性に多く見られる肩こりの原因には、更年期障害が多く含まれています。

肩こりは、首周りの筋肉が披露して硬くなったりだるさを感じるようになったりする症状ですが、多くが筋肉の緊張または血行不良が原因です。

肩こりだけでなく背中や首・腰にまでコリが広がってしまうことも多いので、更年期の肩こりを軽く考えずに具体的な対処を早期に行うことが重要になります。

症状が進んで筋力が落ちてしまう前に対処すれば、比較的短期間で症状を緩和可能です。

筋力低下に伴う血行不良が原因の肩こり

筋力低下に伴う血行不良が原因の肩こり肩こりが発生するメカニズムは、基本的に筋力低下に伴う血行不良が直接の原因となって発症することが多いです。


更年期に差し掛かる頃には、20代30代とは異なり筋力低下が自然に発生しやすくなるので、一度生活習慣を見直してみる必要があります。

頭を首と肩の筋肉のみで支える構造となっているので、僅かな筋力低下や姿勢が悪くなるだけで血行不良を起こして肩こりが発生しやすくなるわけです。

適度なマッサージを行ったり、血行促進を心がけて生活をすることである程度肩こりを回復出来ますが、最終的には本人が動かなければなりません。

ストレッチなどの軽めのエクササイズを行う

更年期に生じがちな肩こりのうち、単純な血行不良に伴う乳酸蓄積が原因ならば、肩周りの筋肉に乳酸が蓄積しないように軽めのエクササイズを行うと良いです。

長時間同じ姿勢でいると、筋肉運動が低下して血流不足に基づく疲労物質の蓄積が起こりがちになります。

ストレッチを行うことで、滞留しがちだった血液がスムーズに流れるだけでなく、新しい血液が入り込んで代謝が活発になりやすいです。

ヨガといった長く続けやすい趣味を持つ

約10年続く更年期を乗り切るためには、ヨガ教室に通うなどして日常的に緩やかな筋トレを行うと良いです。

筋肉には短距離走といった鍛えることで太く強くなる筋肉以外にも、身体を支えて有酸素運動を得意とする赤筋と呼ばれる筋肉があります。

姿勢制御に長けた赤筋を効率よく鍛えることが出来る方法として、ヨガは有効な手段と考えられるわけです。

一見すると負荷が少ない運動に見えるヨガは、体験コースだけでもじんわり汗をかくほど発汗作用があり、身体全体を温める効果が期待出来ます。

自律神経の乱れに伴う肩こり

自律神経の乱れに伴う肩こりホットフラッシュなど、肩こり以外の症状も引き起こしやすい自律神経の乱れに伴う肩こりは、自律神経の乱れを戻すことを優先して取り組む必要があります。


肩こりという自覚症状だけであれば、ある程度我慢が出来ますがホットフラッシュが発生すると動悸に繋がるリスクがあるので事前に回避すべきものです。

更年期が起きる原因が急激な女性ホルモン減少に伴い脳が混乱するからであって、脳の混乱を沈めてあげるよう先回りして動けば自律神経の乱れを最小限に抑えられます。

結果的に肩こりの頻度や症状の度合いを減らすことに繋がるので、自律神経の乱れを改善する次の2種類の方法を試してみると良いです。

エストロゲンと似た働きをする成分を摂取する

更年期障害が発生する原因となるエストロゲンの減少は、急激に起こるからこそ自律神経の乱れの原因となります。

体内でエストロゲンと似た働きをする成分を日常的に継続摂取すれば、脳下垂体が混乱する状況が減るわけです。

大豆イソフラボンが腸内細菌と出会うことで生まれる成分を最初から摂取しておけば、体内でエストロゲンと類似の働きをするので゛自律神経の乱れは起きにくくなります。

肩こりの根本原因を回避出来るからこそ、必要な成分として更年期対策サプリを積極的に摂取すると良いです。

体質によりどの更年期対策サプリが合うのか試してみなければ分からないので、期間を分けて何度か試しに摂取して様子見する方法があります。

有酸素運動を週に数回しっかり行う

更年期障害の症状が出やすい人ほど日常的に運動不足の傾向が強いことが分かっています。

40代・50代女性の多くは筋肉量が減少して基礎代謝が少なくなっているにも関わらず、食事内容と量に変化が無ければ運動不足な人ほど肥満傾向が強いです。

身体が重くなると動きたくなりがちですから、結果的に更に運動不足が進んでしまいます。

日常的にジョギングやサイクリングだけでなくジム通いをしている女性ほど、更年期障害の症状が出ていません。

トライアスロンを趣味として行っている40代・50代女性に肩こりを含む更年期症状が出ていないことからも、有酸素運動を行い新陳代謝を高めることが更年期症状を回避する方法となることが分かります。

実際には、トライアスロンほどの強度が高い運動までは必要無く、ある程度の有酸素運動を継続して行うだけでも十分です。

個人の生活習慣に合った対処方法を選択しよう

個人の生活習慣に合った対処方法を選択しよう更年期症状として肩こりが発生している状況ならば、対策方法として食事・運動・更年期サプリ・医療機関によるホルモン療法といった選択肢があることを知っておく必要があります。

どの方法を採用しても、更年期自体は最大10年間で自然と治まるので、その間の症状緩和が出来れば十分と考えて良いです。


肩こりの程度が軽ければ、食事を見直して適度な運動を心掛けるだけでも体感が大きく変わります。

肩こりが緩和されると共に、その他のホットフラッシュやイライラも改善されるので、家族からも心配されずに済むわけです。

日頃のイライラや肩こりの辛さを更年期だからと諦めずに、今自分ですぐに取り組める対処方法から順次始めると良いです。

食事改善と適度な運動は生活習慣からの改善方法です

食事改善から始めるなら、大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを体内で行うので、大豆食品を積極的に食生活に取り入れると良いです。

豆腐や納豆といった毎日食べられる食品だけでなく、味噌にも大豆が含まれているので和食を増やすと摂取しやすくなります。

肩こり解消のために血行促進を狙うならば、有酸素運動としてジョギングがハードと感じるならウォーキングサイクリングを取り入れると良いです。

ストレッチが好きならばヨガ教室へ通う方法がありますが、ヨガ教室は初心者メニューから始めるので成果を期待するためには数ヶ月通う必要があります。

トライアスロンにまでチャレンジ出来るならば、既に肩こりとは無縁になっているはずです。

肩こり症状が酷ければ更年期サプリと医療機関受診を視野に入れましょう

更年期症状として肩こりが激しいならば、更年期サプリを摂取して様子を見るか、最初から医療機関受診を視野に入れると良いです。

肩こり以外にもホットフラッシュなどの症状が発生していないか確認し、医療機関にてホルモン療法を受ければ一気に症状は改善します。

しかし、医療機関でのホルモン療法は緊急避難的に行うことは良いですが、慢性的に行うとリスクを伴う方法だと知っておく必要があります。

医師から受けるリスクと副作用の説明に納得出来た場合のみ選択する方法であって、更年期サプリで改善される程度ならば、無理に医療機関のホルモン療法に頼らなくても良いわけです。

女性の更年期症状は、最大10年間の症状が出ている期間のみ乗り切ることが出来れば良いと考えて、身体に負荷が掛からない方法を選択すると良いです。

更年期サプリ ランキング
更年期サプリって結局どれが良いの?

更年期サプリと一概にいっても成分・効果・料金・メリット・デメリットは様々です。

当サイトでは、数ある更年期サプリを徹底比較して、その中から厳選してランキングを掲載しています。

更年期サプリ比較

特に、口コミ評判の効果が高いサプリについては、細かく分析していますので是非ご覧になってみてください。

更年期サプリ人気ランキング

関連記事

更年期に差し掛かると太る?痩せにくい?コレステロールが増える原因と簡単にできる対処法

更年期に差し掛かると太る?痩せにくい?コレステロールが増える原因と簡単にできる対...

更年期の「イライラ」の症状・対処法|八つ当たりで自己嫌悪してしまう女性へ

更年期の「イライラ」の症状・対処法|八つ当たりで自己嫌悪してしまう女性へ

更年期の生理不順|「長引く」「止まらない」「こない」その理由とは?

更年期の生理不順|「長引く」「止まらない」「こない」その理由とは?

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)の主な症状と対処の方法について

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)の主な症状と対処の方法について