栃木で更年期障害の診察ができる病院一覧

お腹が痛ければ内科、足を怪我したなら外科といったように、病院へ行く際は症状に合わせて科を選びます。

しかし、更年期障害の場合は症状の種類が様々で、複数の症状が同時に発現する事も珍しくないため、どこへ行けばいいのか迷いがち。

病院へ行く事を考えるほど症状に悩まされているのに、行って何も改善しないようであれば、絶望感が増しかえって状態を悪化させてしまう恐れすらあります。

幸い栃木県には更年期障害の診察をできる病院がたくさんあるので、情報を仕入れて自分に合った病院へ行くようにしましょう。

栃木で更年期障害の診察ができるオススメの病院一覧

更年期障害の症状は人それぞれで異なるため、知り合いににすすめられて行ってみても自分には合わなかったというケースが珍しくありません。

身体的な症状だけでなく心にも影響を及ぼす事があるので、病院の雰囲気や医師との相性も意外なほど重要だったりします。

安心して治療に専念できる事も更年期障害を改善するには必要なので、きちんと自分に合っていると思える病院を見つけましょう。

しかし何も基準がないところからの病院選びは大変なので、参考となるよう栃木県内で多くの女性から信頼を得ている5つの病院を紹介していきます。

わたなべ内科循環器科医院

わたなべ内科循環器科医院の魅力は、一人一人の症状に合った丁寧な診察を受ける事ができる点にあります。

症状を細部までしっかりと聞いて、親身になって治療方針を考えてくれるのは、個人病院ならではの対応。

月火金は21時まで開いていて、毎週ではないものの土日祝日も診察をしているので、仕事をしている女性でも通いやすく便利な病院です。

院内は清潔感があり順番を待っている間に不安が増していくような事もなく、更年期障害特有の精神に影響を及ぼす症状があっても安心して待てます。

駅からは距離がありますが、駐車場は20台分のスペースがあり、バスなら停留所から徒歩3分程度で行く事ができます。

住所 栃木県宇都宮市大谷町1308-1
電話番号  028-348-3862
URL https://www.watanabe-ooya-clinic.com/page1
受付時間 9時~21時(水曜は18時まで)
休診日 毎週木曜・毎月第1第5の土日

社会医療法人博愛会 菅間記念病院

菅間記念病院は内科や外科の他に女性診療科まで用意する大型の病院で、更年期障害がもたらす多くの症状に対して診察が可能になっています。

更年期障害では自覚症状を上手く医師に説明できない女性も多いため、行ってから診察を受ける科を相談できる大きなキャパシティは魅力的です。

一度病院に行って診察を受けた後であれば、オンライン診察を受ける事ができるので、忙しい女性でも手間なく定期的に受信を受けられるのが便利。

交通アクセスはJR那須塩原駅かJR黒磯駅より車で10分が目安、高速道路を利用する場合は東北自動車道の那須 I.Cより15分ほどになります。

またサテライト診療所の那須塩原クリニック・健康増進センターまでは、菅間記念病院から無料のシャトルバスを利用していく事ができます。

住所 栃木県那須塩原市大黒町2-5
電話番号 0287-62-0733
URL http://www.hakuai.or.jp/modules/kamma/index.html
受付時間 午前7時30分~12時 午後1時15分~17時
休診日 日曜日 祝日 年末年始

いしかわクリニック

いしかわクリニックには消化器内科、呼吸器内科を専門とする医師がいて、アレルギーや一般内科の診察も受ける事ができます。

消化器系や呼吸器系の不調が更年期障害によるものなのか、それとも別の原因が潜んでいるのか判断がつかない女性にはピッタリの病院。

HPのお知らせブログで定休以外の休診日を事前に知る事ができるので、行ってみたら休みだったというケースがない点も親切です。

気になる点があれば電話以外にHPの問い合わせフォームからも尋ねる事ができるので、病院選びで迷っている女性には使いやすくなっています。

最寄駅は東武江曽島駅になりますが、駅から徒歩で行くには少し距離があるので注意しましょう。

住所 栃木県宇都宮市東原町 10-7
電話番号 028-658-0021
URL https://ishikawa-clinic.info/
受付時間 9時~12時(月~土) 14時~18時(月火木金)
休診日 第3土曜日・日曜日・祝日

平尾産婦人科医院

平尾産婦人科医院は女性に優しい病院を目指していて、ホルモン治療などによって更年期障害の症状を治療していく事ができます。

抗加齢部門も新設されたので更年期障害の治療を続けつつ、アンチエイジングによりストレスの少ない生活をサポート。

婦人科領域の診察はほとんど受信することができるので、かかりつけとしておくと更年期障害以外にも女性特有の病気になった際は安心。

診察に行く際は会員登録をしておくと携帯、スマホ、パソコンから事前のweb予約が可能、キャンセルもできる親切なシステムを用意しています。

最寄りの宇都宮駅からでも徒歩で行くには厳しい距離ですが、駅からバスを利用すれば鶴田橋バス停で降りると徒歩0分で行けます。

住所 栃木県宇都宮市鶴田3-1-4
電話番号 028-648-5222
URL http://www.hirao.jp/
受付時間 午前8時30分~(月~水・金土) 午後14時~(月~土)
休診日 日曜日・祝日

医療法人あゆら かわしま循環器内科

かわしま循環器内科では、ほてりや頭痛といった更年期障害の症状に対してプラセンタ注射での治療を受ける事ができます。

いまいちかかる金額の分かりにくいプラセンタ注射での治療ですが、かわしま循環器内科は3割負担で初診970円、再診500円と明確。

プラセンタ注射での治療は1度で終わりでなく週に2~3回が目安になるので、低料金で受けられる事が分かっているのは通ううえで不安がなくなります。

通う際に最寄りのJR東北本線矢板駅からでも徒歩19分かかってしまうのは気になりますが、車であれば無料の駐車所があるので問題ありません。

診療時間は17時までですが受け付けは16時30分で終わってしまうので、初診受付の予約をしない場合は時間に注意して行きましょう。

住所 栃木県矢板市富田302
電話番号 0287-43-5470
URL http://kawashima-naika.com/
受付時間 午前8時~12時(月~土) 午後14時~16時30分(月火木金)
休診日 日曜日・祝日

栃木の病院で更年期障害の診察を受ける際の注意点

栃木の病院で更年期障害の診察を受けると決めたなら、きちんと病院へ行ってしっかり診察を受ける事が大事です。

人によっては良くなったり悪くなったりを繰り返す事があるので、一時的に調子が良いからと予約をキャンセルしてしまうのは完全に悪手。

放置しても時間が解決してくれるとは限りませんし、せっかく栃木県には素晴らしい病院が揃っているので、自分のためにも利用した方が間違いありません。

更年期障害の診察を受ける際にはいくつかの注意点ありますが、そこにさえ気を付けていれば症状の改善にはきちんと通う事が正解となります。

地理的に通いやすい病院を選ぶ

症状の程度や種類にもよりますが、プラセンタ注射を受ける場合などは、通常1度で終わりはなく定期的に何度も病院まで通う事になります。

辛い症状を緩和させるため1度なら頑張って遠くの病院まで行けても、それが週に何度も必要となると徐々に行くのが面倒に感じられてしまうのが人情。

特に栃木で更年期障害の診察を受けられる病院は駅から離れている事が多いため、車を持っていない女性は通院をサボりがちになる傾向が強いです。

病院へ通うため週に何度もタクシーを利用していては、経済的な負担も大きくなってしまうので、病院はできるだけ近所で探すようにしましょう。

また受け付けの終了時間が早い病院もあるので、土日や祝日にも診察を受けられるか、事前予約に対応しているか等も通いやすさに大きく関わってきます。

近所の病院に行ってみたけれど、どうしても自分に合わないという場合は仕方ないですが、そうでなければ初回はまず家や職場からの距離で探した方が確かです。

医師との相性が大切

更年期障害は様々な症状が同時に表れる事が一般的なため、いざ病院に行ってみても何が辛いのか、医師に上手く説明できないとうケースも少なくありません。

そこでベテランの医師であったり、更年期障害の治療に慣れている医師であれば、つたない説明になっても症状を察して適切な治療方針を打ち出してくれます。

しかしどんなに腕の良い医師であっても、症状に合った更年期障害の治療経験が少なければ、その病院では適切な治療を受けられない事もありえます。

また更年期障害により心のバランスが崩れていると、普通なら何てことない医師のちょっとした一言が妙に気になったりしてしまうケースもあります。

そうなると治療が必要なのに病院へ通いたくない気持ちになってしまう悪循環に陥り、いつまで経っても症状が緩和されない日々が続く事に。

症状を緩和するためには適切な治療方針が必要なのは当然なので、その他にも安心して治療を任せられる医師かどうかにも注意をしていきましょう。

更年期障害の治療は保険適用される?

ホットフラッシュ等の代表的な更年期障害の診察の他、治療によく用いられるプラセンタ注射によるホルモン補充療法、漢方には一般的には保険が適用されます。

しかしプラセンタ注射は症状や年齢などの条件によっては保険適用外になるケースがあるため、実際に病院へ行く前に保険適用の有無を確認した方が無難です。

中には肌のはりを良くしたいなどの美容目的でプラセンタ注射を希望する女性もいるため、更年期障害と認められた場合に保険適用となるイメージです。

一方で精神的な面に症状が表われている場合は、カウンセリングや相談に保険適用外の料金が設定されている病院もあるので注意しましょう。

そうった際はHPに注意書きとして明記されているはずなので、カウンセリングを受ける事を検討しているならしっかりとした事前の確認が大事です。

更年期障害の治療はほとんどの症状において複数回に渡るものになるので、保険適用の有無は継続して治療を続けていくうえで非常に重要な点となります。